eスポーツと仮想通貨


eスポーツとは

日本eスポーツ連合のHPによると、

「eスポーツ(esports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

と定義されています。

日本のeスポーツ

日本では海外に比べるとまだまだ普及していません。法律上、高額の賞金を出すことができない、eスポーツ(ゲーム競技)=スポーツとして捉える人が少ないことなどが課題となっているため、発展途上となっています。

しかし、2018年には日本eスポーツ連合が発足され、2019年には茨城国体に合わせて「都道府県対抗eスポーツ大会」が開催されることが決定しています。(ウイイレが種目の1つになることが決定しています)

海外のeスポーツ

海外では優勝賞金が100万ドルを超える大会が年に何回も開催されており、日本と比較して規模も競技人口も多いのが特徴です。また、eスポーツをスポーツの1種として認識していることも日本との違いです。

また、アメリカにはeスポーツを専門的に学べる大学があり、奨学金制度も用意されており、環境整備も整っています。

日本と海外の盛り上がりの差は賞金の違いによるところが大きいことは確かですが、日本eスポーツ連合が発足されたことで認知度やプロゲーマーを生業とする人が増えていくでしょう。

また、2018年のeスポーツ市場は世界で9億5660万ドル2020年には14億ドルになるとも言われており、市場規模も拡大していくでしょう。


日本でプロゲーマーになるには?

日本eスポーツ連合では、国内外で活躍できるeスポーツ選手の育成や地位の向上を目指すべく、公認プロライセンスを発行しています。プロとしての実力がなければライセンスは発行されず、その判断は日本eスポーツ連合の公認大会の中で行われます。

ライセンス発行条件

  • プロフェッショナルとしての自覚
  • スポーツマンシップにのっとったプレイ
  • プレイ技術の日々精進努力する
  • 国内eスポーツの発展に寄与する
  • 日本eスポーツ連合公認大会の公認タイトルで優秀な成績を収める
  • 日本eスポーツ連合が指定する講習を受ける

ライセンスの種類

ライセンスは次の3種類があります。

プロライセンス

公認大会で賞金を獲得するには、このライセンスが必要になります。

ライセンス取得には、満 15 歳以上で義務教育課程を修了している必要があります。さらに、満 20 歳未満の場合は、事前の親権者の同意が必要です。

ジュニアライセンス

公認大会で賞金を獲得することはできませんが、高額でない賞品の獲得は可能です。

ライセンス取得には、13 歳以上 15 歳以下で義務教育課程を修了していない者であり、親権者の同意が必要です。
プロライセンス保持資格年齢に達した場合は、本人と親権者の意思を確認した上で、プロライセンスを発行することができます。

チームライセンス

法人格があって、IPホルダー(ゲームメーカー)が推薦又は承認したチームで、日本eスポーツ連合に、十分な実績があり公認プロライセンス発行が妥当と認められる必要があります。

eスポーツにはどんなゲームタイトルがあるの?

日本ではタイトルごとにライセンスが発行され、次のタイトルが認定されています。

  • ウイニングイレブン 2018
  • コール オブ デューティ ワールドウォーII
  • ストリートファイターV アーケードエディション
  • 鉄拳7
  • パズル&ドラゴンズ
  • モンスターストライク

海外はライセンス制ではないので様々なゲームタイトルがあります。

  • Call of Duty: Infinite Warfare
  • Overwatch
  • Hearthstone
  • StarCraft II
  • Counter-Strike: Global Offensive
  • League of Legends
  • Dota 2
  • FIFA

のほか、多数のゲームタイトルがあります。

なんと、サッカーゲームのFIFAシリーズでは実際にプロサッカークラブと契約を結び「サッカーチームのeスポーツ部門所属」になるプロプレイヤーも存在するようです。

仮想通貨から見たeスポーツ

ブロックチェーンの特徴である、改ざんが困難という特性によって、eスポーツ成長の鍵になることが予想されます。

現実の問題として、トーナメントの賞金が支払われないという安全性の問題を抱えています。しかし、スマートコントラクトで取り決められた設定により、条件を満たすことで確実に賞金が支払われ、さらに改ざんが困難になります。

eスポーツへの応用例として、ブロックチェーン上に構築されたトーナメントが開催されるようになり、賞金は仮想通貨で支払われ、さらに、改ざんが困難になることでチートが不可能になるということが可能になるでしょう。

このようにeスポーツのような透明性が求められるものは仮想通貨(ブロックチェーン)との相性は良いと言えるでしょう。

eスポーツ 関連の仮想通貨

chiliz

chilizはeスポーツファンに投票権を与えるプラットフォームです。

chiliZトークンを使用することでサポートするチームのマネージメントに影響力を与えることができます。

このトークンはサッカー界のメガクラブであるバルセロナFCのSocios制度をモデルにしています。

Sociosとは簡単に言うとクラブ会員のことで、クラブ幹部の役員選挙における投票権を持っています。

chilizはbinanceが出資したことで話題になりました。もちろん、世界一の取引量を誇るbinanceが出資しただけあるので将来性はあります。

chilizは、binanceの投資によって

「技術共有が進み、より一層イノベーションと創造力がもたらされるだろう」

と主張しています。

一方、binanceのCEOは

「chilizはブロックチェーン技術の利用方法において創造力が抜きん出ているし、急成長する業界で主流になることを目指している」

と、期待を寄せています。

GOL

GOLというプラットフォームを使うことでeスポーツ大会を誰でも開くことが可能になり、仮想通貨のGOLTで賞金を支払うことが可能になります。

eスポーツの大会はプロでなければ簡単には参加できないものでしたが、GOLは24時間、誰でも参加できる大会を開催することが可能になります。

eスポーツでは度々、賞金の未払いが発生することもありましたが、GOLではプラットフォーム上で自動的に支払いの処理がされるため未払いの問題も発生しません。

2019年には完全版がローンチされる予定になっているため、さらにeスポーツが盛り上がるのも時間の問題かもしれません。

DreamTeam

ブロックチェーンとスマートコントラクトの技術を利用することで、プレイヤーの募集機能、チームマネジメント機能、分析ツールを始め、AIによるパフォーマンス改善のアドバイスなどが提供されます。

また、DreamTeamトークンはプレイヤーへの報酬、プレイヤーのトレードなどに使用されます。

2017年10月にベータ版のプラットフォームがローンチされ、3ヶ月余りで25万人以上がユーザー登録を行いました。

このようにオールインワンソリューションを提供するDreamTeamはユーザー数から注目度の高いプロジェクトと言えるでしょう!

eスポーツがさらに成長するには透明性の向上が不可欠で、それを解決するのがブロックチェーンです。eスポーツと仮想通貨は共に成長分野です。この組み合わせは相性が良いので爆発的に成長する可能性を秘めています。今後の動向に注目です!