[仮想通貨]今日のニュース7/3

仮想通貨の今日のニュースをまとめました。

フォビのHADAX、規定改正後の新規トークン上場投票を延期

投票により上場するトークンを決定するフォビの仮想通貨取引所HADAXが2日、プラットフォームへの新規トークン上場に向けた投票の次回ラウンドを延期すると発表した。最近は投票規定の改正が行われている。

続きはこちらcointelegraph.com

金融庁が仮想通貨規制について金融商品取引法への移行を検討|産経新聞が報道

産経新聞によると、金融庁が仮想通貨交換業者を規制する法律を現在の「改正資金決済法」から、「金融商品取引法」に移行する検討に入った。金商法が適用されることで、専門知識が少ない一般投資家を手厚く保護することに繋がり、分離課税の議論進展や、ETFなど派生商品の誕生が期待される。

続きはこちらcoinpost.jp

元中国3大取引所のBTCCが業務再開へ|独自トークンの発行も検討か

取引を一時停止していたBTCCは取引所の業務を再開しました。それに加え、新規ユーザーのID認証登録と取引活動を行うことで報酬がもらえる「ポイントシステム」を導入するようです。最近勢いが増しているCoinBeneなどが開始した配当還元型の取引所トークンのサービスに類似しています。

続きはこちらcoinpost.jp

ビットコインなど仮想通貨市場への機関投資家の資金流入が加速|半期で約710億円に膨らむ

仮想通貨市場の低迷にも関わらず、ベンチャーキャピタル(VC)企業やヘッジファンドなど、機関投資家から仮想通貨市場への資金流入は、2018年初頭から6月15日時点にかけて約710億円(2017年は約550億円)に膨らむなど、大幅な増加傾向にある。

続きはこちらcoinpost.jp

支払い手段としての仮想通貨に期待、上場投資信託(ETF)に72%が賛成

米国の企業経営者や投資家の圧倒的多数は、仮想通貨について「規制上の明確さ(透明性)」を求め、ビットコインが大規模な受け入れに最もふさわしい通貨とみていることが新しい調査で明らかになった。

続きはこちらcoinchoice.net