[仮想通貨]今日のニュース7/2

仮想通貨の今日のニュースをまとめました。

テゾスプロジェクト、「ベータネット」の立ち上げを発表

テゾス財団が、テゾスプロジェクトの「転換点」とされるベータネットワークを立ち上げた。6月30日の公式声明で明らかになった。

続きはこちらcointelegraph.com

Blockchain社が、新たに機関投資家向け仮想通貨投資サービスの展開を発表

仮想通貨ウォレットサービス、Blockchain社が、6月28日、ブロックチェーン主要戦略 (Blockchain Principal Strategy =BPS)との名称で、機関投資家向けに、総合的な仮想通貨投資サービスの開始を発表しました。

続きはこちらcoinpost.jp

フィリピン国内で加熱する仮想通貨産業、取引量は月間約40億円にまで及ぶ

フィリピン中央銀行は仮想通貨と法定通貨間の取引がフィリピン国内において、2017年末のブームから2018年のはじめ(第1四半期)にかけて、活発に取引(高い水準を維持)されていると発表した。

続きはこちらcoinchoice.net

仮想通貨XEM(ネム)が高騰|価格を牽引するのは韓国大手取引所Bithumb

XEMの価格が数日順調に推移しており、本日他の仮想通貨に動きがない中で、XEMが約6%の高騰となりました。

続きはこちらcoinpost.jp

世界の指導者たちは仮想通貨をどう考える?分散化でどう中央権力の補強を目指すか

仮想通貨市場が規制や政治の動きに対して敏感なことを踏まえれば、世界の指導者たち(そして彼らの仮想通貨に対する考え)が仮想通貨市場の今後の行く末を決定づけるうえで極めて重要となるのは明白だ。多くの指導者たちは過去数ヶ月間のあいだ傍観し、仮想通貨の有機的な発展を(多かれ少なかれ)受け入れてきた。だが、公的機関の行動を起こす時がいよいよ近づいている兆しも出始めた。その時、ビットコインとその他の仮想通貨は政府による「取り締まり」をまともに受けるか、または好意的な支援による恩恵を受けるかのどちらかになるだろう。

続きはこちらcointelegraph.com