[仮想通貨]今日のニュース5/30

仮想通貨の今日のニュースをまとめました。

韓国、ICOの再合法化へ向け前進

韓国でICOを再び合法化する動きが出てきている。ビジネスコリアが29日に伝えた。ビジネスコリアによれば、国会の常設委員会は、いわゆる第4次産業革命について本格的に調査している。仮想通貨の法的基盤を強化する方針で、これには昨年9月に実施されたイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の全面禁止の見直しも含まれている。

続きはこちらcointelegraph.com

ドイツ人の3割が仮想通貨投資を検討=ドイツ銀行系が調査

ドイツ人の29%が投資先の一つとして仮想通貨に関心を寄せている。コインテレグラフ・ドイツ版が29日に伝えた。ドイツ銀行傘下のポストバンクが18年2月末から3月末にかけて3100人のドイツ人を対象に実施した調査で明らかになった。

続きはこちらcointelegraph.com

韓国の取引所ビッサム、11ヵ国での利用を禁止:イランやエチオピア、セルビアなど

韓国の仮想通貨取引所、ビッサムは、新しいマネーロンダリング対策(AML)の一環として、28日から11ヵ国のユーザーの利用を禁止した。ビッサムが公式サイトで発表した

続きはこちらcointelegraph.com

McAfee氏の仰天計画:仮想通貨が価値を裏付ける独自法定通貨の発行検討

仮想通貨市場への影響力で度々話題になっている「ジョン・マカフィー」氏は5月29日、仮想通貨に裏付けられた独自紙幣「マカフィーコイン」が、26日以内にデビューすると電撃発表を行いました。

続きはこちらcoinpost.jp

イタリア財政危機|政局不安からビットコイン買いが増し仮想通貨全体の価格高騰か

イタリアの政局混乱からユーロやイタリア国債を売る動きが強まっている中、5月29日から30日にかけてビットコインの買いが増し、価格は急激な上昇を見せました。法定通貨のような中央銀行を持たない分散型の仮想通貨の強みが買われたのです。

続きはこちらcoinpost.jp