[仮想通貨]今日のニュース5/19

仮想通貨の今日のニュースをまとめました。

新しいクリプトジャックのマルウェアに50万台が感染、モネロをマイニング

約50万台のコンピューターが、パソコンを乗っ取ってマイニングを行う「クリプトジャック」のマルウェアに感染し、3日間でモネロを133XMR(約2万5000ドル)をマイニングした。ファイナンス・マグネイトが18日に報じた。

続きはこちらcointelegraph.com

世界トップの金融機関「JPモルガン」仮想通貨資産戦略部を新設

JPモルガンが仮想通貨資産戦略部を新設、29歳のホープを任命しました。2017年には、CEOのJamie Dimon氏がビットコイン批判を繰り返して波紋を呼んだが、2018年になると態度を軟化。顧客のデマンドを満たすために舵を切った格好です。

続きはこちらcoinpost.jp

スイス、自国発行デジタル通貨「eフラン」の調査要求

スイス政府で行政を担う連邦参事会は、自国発行のデジタル通貨「eフラン」を導入した場合のリスクとチャンスについて、報告を求めた。ロイターが17日に伝えた。

続きはこちらcointelegraph.com

コロンビアでブロックチェーン協会発足、政府との対話を目指す

コロンビアにある6社の公開企業と非公開企業が協力し、「コロンビアブロックチェーン協会」を設立した。スペインの通信社であるEFE通信が17日に伝えた。同協会は、コロンビアの仮想通貨とブロックチェーンのエコシステムを支援し、仮想通貨分野の規制に関する事項について中央政府に助言を行うことを目指す。

続きはこちらcointelegraph.com

イランとロシアが仮想通貨の活用を協議、西側による制裁措置の回避が狙い

イランとロシアが西側諸国からの制裁措置を回避するため、仮想通貨を使い始めるかもしれない。ロシアのニュースポータル、RBCが17日に両国の会談を伝えている。

続きはこちらcointelegraph.com