[仮想通貨]今日のニュース5/11

仮想通貨の今日のニュースをまとめました。

BTC、ETH、LTC対応の仮想通貨ATM、アルゼンチン国内に4,000台導入へ

アルゼンチン中央銀行(以下:BCRA)は先日、自動支払機(ATM)の規制緩和を発表した。これにより、アルゼンチン国内に4,000台もの仮想通貨ATM導入の計画が立てられた。

続きはこちらcoinchoice.net

ウェストバージニア州、米国初のブロックチェーン選挙が終了

ウェストバージニア州で8日、予備選挙の投票が締め切られ、米国初となるブロックチェーンを活用した投票が終了した。ETHニュースが9日に報じた。有権者の大半は通常の投票を行ったが、特定の地域の一部の有権者がモバイル端末のブロックチェーン・プラットフォームを利用して投票した。

続きはこちらcointelegraph.com

リップル社がxRapidの試験的運用の成功を発表|最大70%のコストカットを実現か

xRapidを利用してのアメリカ・メキシコ間の送金テストが成功したことをリップル社が発表しました。従来の方法に比べ最大70%のコスト削減に繋がり、xRapidのますますの実用化に期待が寄せられています。

続きはこちらcoinpost.jp

米コロラド州議会、ブロックチェーン法案を僅差で否決

「オープン・ブロックチェーン・トークン」を証券として定義するガイドラインを作るための州法案「HB1426」が、9日にコロラド州議会上院で否決された。公式の記録によって明らかとなった。

続きはこちらcointelegraph.com

韓国相場大暴落:韓国最大手取引所Upbitを詐欺の疑いで検察が家宅捜索

韓国検察は10日から11日にかけ、世界第四位の取引所Upbitに対し、詐欺の疑いで家宅捜索を行いました。同社は、実際の資産保有量よりも多くの仮想通貨を顧客に販売していた疑いがあるとされ、現在も捜査が続いています。

続きはこちらcoinpost.jp

イランで仮想通貨を使ったキャピタルフライトが発生、経済制裁を警戒か

米トランプ大統領は今週、イラン核合意から離脱することを発表した。これを受け将来的な経済制裁を警戒した市民は、イラン国内から資産を国外に逃がすキャピタルフライトに動いている。キャピタルフライトの一部は、ビットコインなどの仮想通貨も使われている。

続きはこちらbtcnews.jp