[仮想通貨]今日のニュース4/30

仮想通貨の今日のニュースをまとめました。

詐欺師がツイッターでテレグラムCEOを装い、ビットコインを窃取

テレグラムや、同社が発行するTONのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の創設者兼CEOパーヴェル・ドゥーロフ氏は28日、サーバ・クラスタの過熱が原因でテレグラムにダウンタイムが発生していることをツイッターで報告した。これを受け、詐欺師が同CEOを装ってツイートし、仮想通貨を「サポートへの感謝を込めて」無料で提供すると主張した。

続きはこちらcointelegraph.com

マルタが仮想通貨取引高で世界最大=モルガン・スタンレー調査

モルガン・スタンレーの調査によると、仮想通貨に関する法的枠組みが整備されているマルタ共和国が、仮想通貨の取引高で世界で最大のシェアを占めていることが分かった。ビジネスインサイダーが29日に伝えた

続きはこちらcointelegraph.com

世界初のブロックチェーンスマホ、日本で10月に発売へ

イスラエルに開発本拠を置くシリン・ラブズ社は、今年の10月を目処に日本でブロックチェーンを活用したスマートフォンを発売する計画だ。日本経済新聞が30日に伝えた

続きはこちらcointelegraph.com

豪州がICOガイドラインをアップデートへ、規制当局トップが講演

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)のジョン・プライス委員長は、シドニーで26日に開催されたフィンテックイベントで講演し、今後数週間以内にイニシャル・コイン・オファリング(ICO)と仮想通貨に関する現在の規制ガイドラインをアップデートすると語った。

続きはこちらcointelegraph.com

仮想通貨のオークション:押収されたビットコインの行方

登場して間もない頃から、仮想通貨は多くの人により闇市場や不正活動と関連付けられてきた。金融機関の仲介を経ず、当事者から他の当事者への直接支払いを可能にするビットコインの特徴は、制度的規制を回避し、違法な取引を実行する手段としても利用されてきた。シドニー工科大学(UTS)が行った最近の研究は、「ビットコイン利用者の約4分の1と、ビットコイン取引の約2分の1が違法行為と関連している」ことを発見した。

続きはこちらcointelegraph.com