[仮想通貨]今日のニュース4/23

仮想通貨の今日のニュースをまとめました。

アイオタ(IOTA)を使った世界初の充電スタンドが発表される!電気自動車の充電などでオランダの公共エリアで使用

4月18日の水曜日、オランダのスマートエネルギー関連企業のElaadNLは、マシーン ・ツー・マシーン(以降、M2M)により、IOTAで課金と支払いができる世界初の充電スタンドをリリースしました。

続きはこちらcointyo.jp

イーサリアムが3兆ドルの年金市場を開拓へ、ETH専門の投資会社が証券取引所で取引を開始

カナダ最大の年金基金OMERSが設立したイーサリアム・キャピタル社が、カナダの証券取引所「Aequitas NEO Exchange」で取引を開始しています。

続きはこちらcointyo.jp

イーサリアム:PoWとPoSを組み合わせたハイブリッド型システムを提案

Chih-Cheng Liang氏とDanny Ryan氏によって「Ethereum improvement proposal 1011」が提案されました。その中で、「Hybrid Casper FFG」というPoWとPoSを組み合わせたハイブリッド型のコンセンサスアルゴリズムシステムが提案され、新しいPoSを実現するための”Casper”の第一歩となるのではないかとされています。

続きはこちらcoinpost.jp

取引所OKExグループの投資企業が仮想通貨イオス(EOS)と提携!イオスネットワークの有望プロジェクトに総額1億ドルを提供予定

最大の仮想通貨取引所の一つOKExの関連会社「OKブロックチェーンキャピタル」は、仮想通貨イオス(EOS)を発行するEOS.ioとの提携を発表しました。EOSネットワークを活用する、有望なプロジェクトの育成資金として1億ドルを提供するとしています。

続きはこちらcointyo.jp

金融庁認可済の16取引所が規制団体設立|仮想通貨先進国として目指すもの

副会長に選任された、bitFlyer代表取締役の加納裕三氏は、日本が”仮想通貨先進国”と呼ばれていることを挙げ、セキュリティ問題など業界一丸となって取り組んでいくと所信表明。記者会見で行われた質疑応答では、仮想通貨のレバレッジ取引や取り扱い通貨の今後についての言及もありました。

続きはこちらcoinpost.jp