[仮想通貨]今日のニュース4/19

仮想通貨の今日のニュースをまとめました。

インド、ICICI銀が250社に貿易金融の単一ブロックチェーンプラットフォームへの参加求める

インドの銀行大手、ICIC銀行は17日、企業250社以上に対し、国内外での貿易金融取引にブロックチェーンプラットフォームを使ってもらうよう委託したと発表した

続きはこちらcointelegraph.com

独スタートアップ、54億円調達後にCEOが失踪

ドイツを拠点とするスタートアップのセーブドロイドが、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)と民間からの出資で5000万ドル(約53億7000万円)を調達した後、姿を消したようだ。ドイツ経済誌ヴィルトシャフツヴォッヘ( WirtschaftsWoche)が18日に伝えた。

続きはこちらcointelegraph.com

韓国の取引所ビッサム(bithumb)が監査資料を公開!2017年の純利益548億円、仮想通貨準備額6,000億円相当

仮想通貨取引所ビッサム(Bithumb)は、韓国で二番目に大きい取引所です。そのビッサムが、取引所初となる監査報告書を発表しました。報告書には財務実績や約60億ドル相当の準備額について記述されています。

続きはこちらcointyo.jp

【最新】ワイスレーティングが「最も危険な仮想通貨」の格付けを発表

仮想通貨元年といわれた2017年に、コインは一気に価格の暴騰を起こし、大きな注目が集まりました。コインも急速に増えて、現在は1500種類以上の仮想通貨が世に出回っています。しかし、仮想通貨の中には”不安要素”が多い通貨がある事も事実です。そこでアメリカのワイス・レーティング社は、投資の指標として仮想通貨の格付けを行っているのですが、今回は「危険な仮想通貨」を発表しました。

続きはこちらcointyo.jp