[仮想通貨]今日のニュース7/13

仮想通貨の今日のニュースをまとめました。

ビットコインETFの可否判断は8月10日か SECの文書で明らかに

米証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)について承認か拒否かの判断をする日が、来月10日になる可能性があることが分かった。ビットコインETFが仮想通貨相場にとって追い風になるという見方は多く、市場にとって注目の日となりそうだ。

続きはこちらcointelegraph.com

世界初の分散型銀行 バイナンスが出資

取引高で世界第1位の仮想通貨取引所バイナンスが、オーナーシップトークンを使った銀行に出資していることがが分かった。ブルームバーグが12日に報じた。トークンを持つコミュニティーメンバーが所有する未来の銀行の姿が明らかになる日が近いかもしれない。

続きはこちらcointelegraph.com

”日本の仮想通貨取引所は走りながら学ぶしかない” イーサリアム共同創設者が語る日米の規制の違い

コインテレグラフは先月、米コロラド大で数学と暗号理論を学んだ天才数学者、チャールズ・ホスキンソン 氏にインタビューした。イーサリアム (ETH)カルダノ(ADA)の開発に携わり、暗号テクノロジー企業のIOHKのCEOを務める。イーサリアム の創業チームからは2014年に離れている

続きはこちらcointelegraph.com

主要ブロックチェーン国家として名乗りを上げる、カナダで高まる仮想通貨熱

イノベーションに寛容なカナダは環境も適しており、マイニングも盛んに行われる。また、カナダ中央銀行の最新データによると、1年間で男性の仮想通貨保有割合が4.2%から8.1%とほぼ2倍に達する上昇を遂げた一方で、女性比率は2%と横ばいに。

続きはこちらcoinpost.jp

ビットコインキャッシュの大量のノードが同一サーバーを起点、ノード数の水増し疑惑も

ビットコインの開発やマイニングを行う匿名グループ「BitPico」が、ビットコインキャッシュのネットワークを調査し、大量のノードが同一のサーバーから立ち上げられていることを報告した。

続きはこちらbtcnews.jp